2016年07月09日

すみれ、甲状腺機能低下症になる

こんにちは。気づけば前回の急性膵炎ジジイ記事アップから1ヶ月。その間犬オヤジを置いてタヒチにいってきましたよー。

タヒチに行く日の朝、糖尿姉妹を連れて散歩に行ったはずの犬オヤジが一人で帰って来ました。
「すみれが倒れた」
という…。ただの低血糖だとは思うけど念の為病院に行くと甲状腺機能低下症が判明。

高血糖状態のときは長く運動させれば血糖値が下がることが判明したので、インシュリン+永井散歩をしていたのです。
甲状腺機能低下症だったとはさぞ疲れやすかったことでしょう。
疲れたババアを市中引き回していたことになります。
2016-06-30 16.51.55.jpg

すみれの肌の色はグレーで肌色のさくらとは違うのは個体差だと思っていたのですが、これも甲状腺機能低下で血流が悪くなってグレーになっていると判明。
2016-06-26 21.57.01.jpg

最近クターっとしていることが多いと思ったらそういうことだったのですね。
現在投薬治療中です。
2016-06-30 07.22.07.jpg

急性膵炎ジジイのモグは先々週の血液検査で完全復活の太鼓判をもらいました。
この年で完治するとは驚異的な回復力とのこと。頑丈なんだなあ、モグは。
念の為食事はまだ消化器サポートをあげています。食事の準備しているときガマンできなくてよく騒ぎます。
犬も高齢者になるとボケてガマンできなくなるんだな…。
2016-06-19 22.29.38.jpg

こちら柚子しお。
志村うしろ!うしろ!と言いたくなる。あなた、くつろいでいるけどドラミに狙われてますよ。
2016-06-19 22.04.31.jpg

最近せつに思う。柚子しおって本当に頭が悪いんじゃないだろうか。
だって、この子案外頭いいなーって思ったこと一度もないんです。大丈夫かな。
posted by モグヲ at 11:57| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

糖尿姉妹、血糖値落ち着く

朝は暖かいので薄着で出勤して帰り寒いという悲劇を二日連続で体験しました。あいかわらず学ばない者です。

糖尿姉妹は血糖値もインシュリン投与量も下がってきまして、
さくら 22単位 血糖値106
すみれ 4単位 血糖値高めで170 
二人共要経過観察は変わらずですが、安定してきて少し安心。

安心な犬に乗る飼い主
2016-03-26 14.48.20.jpg

安心してください、はいてます。(自粛バージョン)
2016-03-31 19.49.01.jpg

久々モグ。コンビニにアルコール調達に一緒に行った時、お店から出てきた私を見つけてこの表情。かわいいやつ。
2016-04-02 17.54.14.jpg

あれ?でも接近したら帰りたくて仕方ない様子。
2016-04-02 17.54.26.jpg

家庭内ではこんな進歩?も。
柚子しおの前にゴン。
2016-03-31 22.42.20.jpg

柚子部屋からハッスルする音がちょっとでもするとかんたろうとドラがこれ。
すっごい見てます。見てます。
2016-03-29 00.03.55.jpg

あー、コワイコワイ。猫ってコワイ。
posted by モグヲ at 23:11| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

熟女犬と糖尿病

気づけば3月も半ば。早い。何たる早さなのでしょう。

我が家では2月末に柚子しおの不妊手術が無事終了。でもナメナメしちゃったようで抜糸は遅れて今週の予定です。

思ったよりも柚子しおの写真が少なかったのでかわりに人の足の上でリラックスするゴンを載せます。
2016-03-12 21.36.09.jpg

そして柚子しおはドラとゴンにいじめられるうちに猫嫌いになってしまい事態はますます深刻に…。一人で別室を占拠してます。
犬みたいに勝手に序列をつけて仲良くしてくれればいいのですが。

さて、糖尿姉妹のうちすみれは11月に始まったヒートの影響はやっとなくなり元気になりました。
カメラ目線の糖尿姉妹、妹のほう。
2016-02-27 20.11.38.jpg
さくらは1月のヒートの影響が長く続いて、最近でも1回57単位のインシュリンを1日2回投与しています。

1年前に比べてヒートによる血糖値上昇スピードが緩やかになっている一方、血糖値下降スピードも緩やかになっています。熟女だからか?
熟女なら熟女らしくヒートがなくなってくれればいいのに犬は生涯現役なんですよね

元気に走る糖尿姉妹
2016-03-03 21.51.47.jpg


posted by モグヲ at 21:50| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

糖尿姉妹トゥデイ

翌日仕事だと泥酔せずにいられません。モグヲです。

すみれの血糖値は100まで下がり一安心。ヒートの中盤からかれこれ1ヶ月半くらい高血糖状態が続いたことになります。
一安心と思ってたら今度はさくらがヒート始まったようでして、月末くらいからまた血糖値が上がると思うと気が重い。
糖尿姉妹の姉のほう。
2015-12-21 23.46.24.jpg

最近ドラとゴンが柚子しおに慣れてきたようで、柚子部屋のドアを開けていても大丈夫なことが多くなってます。ベッタベタに甘えるゴン。
2016-01-09 12.42.10.jpg

柚子しおも洗面所に進出して洗濯機の上で休んでみたり、トイレにいって戻れなくて困ったりしてます。確実に行動範囲が広がっています。良かった。
2015-12-07 23.47.11.jpg


posted by モグヲ at 13:37| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

本日の糖尿姉妹

昨日のキウイはこんなかわいいキウイでした
2015-05-17 10.15.57.jpg

すみれ。200まで下がってます
2015-05-16 17.37.55.jpg

さくら。まだ300くらい。なかなか下がりません…。
左目は真っ白で全く見えていないとおもわれます。
2015-05-16 17.34.31.jpg

ふてくされているのではなく、甘えているのです。
2015-05-16 17.37.03.jpg

モグ。血糖値不明。今度血糖値検査キットを買おうとしているので、そしたらモグも測ってみましょう。
2015-05-16 17.37.35.jpg
posted by モグヲ at 19:46| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

血糖値コントロールはムズカシイ

こんにちは。やっと衣替えしました。
昨日テレビにコンマリがでていた影響かときめかない服は処分することに。
捨てるのもアレなのでグッドネイバーズジャパンに寄付することにしました。
http://www.gnjp.org/part/matsuyuki_recycle.html

インシュリンを25単位にまで増やしたさくらは、今週月曜日180まで下がって一安心。低血糖に注意しなきゃね、と話しておりました。
すみれもジワジワと下がってきています。
金曜の検査でさくらの数値が300まで戻っていてインシュリンのコントロールは本当にムズカシイのだと実感しました。
一喜一憂してもね…病気と付き合っていくしかないみたいです。

去年のGWにはふたりともこんなに元気だったのに犬の老化スピードは本当に早い。
2014-05-17 16.50.42.jpg

2014-05-17 16.50.35.jpg

今はさくらは糖尿病の合併症の白内障でほとんど目が見えなくなっているし、すみれはまあまあ普通ですがモグに至っては耳が遠いようです。(その他は健康優良ジイサン)

うちの実家は外食が多く犬は家でお留守番しててもらいます。
前は食事から帰ると門のあたりでモグが反応して吠えていたのですが、最近ではリビングに入っていくまで寝ていることが多い。そして
「あ、帰っていらっしゃいやしたか、あっし気づきませんでした」
というかんじ。
2014-05-17 17.06.56.jpg

そんなわけで最近老犬ホームになりつつある犬オヤジ家なのであります。
posted by モグヲ at 16:46| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

猛犬現る

網戸がなくて難儀してます。モグヲです。

昨日の夕方予告どおり獣医さんに行って来ました。
さくらの血糖値が500近くになっていてインシュリンもっと増やさないとということになりまして
ええ!そんなに入れるの?という顔をしたら先生が「今までが出来過ぎだったんです」と。。。
2014-12-30 18.00.46.jpg

すみれは300台まで下がって来ました。すみれは大丈夫だと信じたいものですぅ。
2014-12-16 14.35.53.jpg

モグの狂犬病注射もしてもらって診察室を出ようとしたら先生が
「たくさんいるからここでお会計済ませましょうね」
とおっしゃる。なぜだ?うちVIPなんですか?確かに週2で通ってるからね、フフ。
そうではなく…
過去に診察室を出て目の前にいた待合室の他の患者さんに「ウガー!」っと襲いかかろうとしたことがあるらしい。VIPなんじゃなく危険動物だったのであります。

無事お会計を終わらせて診察室を出たら看護師さんが他の患者さんをガードしている…
完全に見えないようにガードし、もう1組は外に出して争いが発生しないようにしている…

受付時間前にきていいですよ、と言われるのはそのせいだったのか

もうなんていいますか、ドイヒー犬なんであります。
さくらが他の犬にケンカをふっかる
     ↓
友好的なすみれもなぜかケンカに参加する
     ↓
いつのまにか姉妹でケンカしてる

という意味不明なパターンが多い。飼い主はいつものことかー程度にしか思っていませんが、他の人が見たら食われるかと思うくらい怖いかもしれません。
待合室のみんな、ごめんね

posted by モグヲ at 12:59| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

糖尿姉妹と至福のモグ

10日までゴールデンウィークです☆モグヲです。

2日から仙台の実家にモグと二人で帰ってきました。
当初の予定では家族10人(匹?)で来るはずでしたがさくらの血糖値が下がらないため急遽二人での出張となりました。

こちらに着いてからすぐ犬オヤジから連絡がありすみれも尿糖が出ていると病院で検査してもらったらさくらと同じ400超えとのこと。
すみれもヒートだったので、彼女の場合は発情期性糖尿病ならまだいいのですが。

そんなわけで糖尿姉妹ここに誕生です

阿佐ヶ谷姉妹のほうがマシです。
仲良くインシュリン投与されています。そんなところまで仲良くなくていいのに。。。

さて、お正月以来の仙台出張をご満喫のモグさん。
毎日はしゃぎすぎてお疲れのご様子でおやっさんとおかあさんが不在の時は飼い主のワタクシを無視してお休みしています。
DSCF0198.JPG

13才じいさん犬モグのはしゃっぎっぷりを暴露します。

1、朝からギャーギャー
朝両親がごはんを食べていると「あっしにもくだせえ」「あっしも食べたい」「あっしによこせでやす!」と朝から大騒ぎ。そのダックス特有の爆音の声は家中に響き渡りゆっくり寝ている私も起きるハメになるのです (その後父がけっこう与えていることが判明)

2、子供にもギャーギャー
4才の甥がジュースを飲んでいると甥に向かって「えいたさん、あっしにもくだせえ」とギャーギャー。甥はモグに食べ物を与えたいのをわかっての犯行か?

3、夜もギャーギャー
モグは足腰が弱っておやっさんのベッドには自力では上がれません。ですので早寝のおやっさんとは一緒に寝室に行かなくなりました。その代わりターゲットになったのが母。
母がテレビを見て寛いでいるのに「おかあさん、早くあっしと一緒に寝やしょう」とギャーギャー誘う。もちろんこの時もワタクシの存在は無視

4、番外編 夜中もギャーギャー
母が寝るときに一緒にベッドに上げてもらってしばらくは寝ていますが、なぜかベッドから降りてその後ベッドに上げろとギャーギャー。安眠妨害です

さっき気づいたのですがモグランキングでは
1位 アニさん(目の上の瘤)
2位 あっし
3位 アネさん
4位以下 どうでもいい
なのでは

犬のじいさんも人間と一緒で頑固。人のいうことは一切ききません。これは長生きするジジイのパターンかと思われます。
まあ体は健康だから良しとするか。
posted by モグヲ at 10:49| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

さくら、泳ぐ

こんにちは。久々の連日アップです。

さくらの血糖値が全く下がらずかなり心配な犬オヤジ一家。
なにかインシュリンを効かせるのに良い方法はないのか?と犬オヤジが見つけてきた方法が一時の負荷の高い運動がインシュリン受容体を活発化させることができるらしいということ。

でもさくらは糖尿病の合併症で白内障になっていてほとんど目が見えず、フリーランさせてもあまり走りません。
散歩中に道路工事をしているだけで怖がって歩きたがらない。
困った…。人間ならジムにいったりできるのに。

そこで犬オヤジが思いついたのがお風呂での水泳。
犬オヤジパンツははいていますのでご安心を。
2015-04-26 14.54.22.jpg

距離が短いから余裕こいてカメラ目線。
2015-04-26 14.54.23.jpg

すみれがきた
2015-04-26 14.54.25.jpg

「楽しいからあんたもやりなさいよ」
「オラそだなこええことしたくねえよ」
2015-04-26 14.54.32.jpg

「けっこう楽しいよ」
2015-04-26 14.54.33.jpg

お風呂じゃ距離が短すぎて負荷になってるのかなぞでした。

posted by モグヲ at 15:15| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

さくら、血糖値が上がる

ワタクシ、人間が1日に処理できる糖分以上の量の糖分をビールだけで摂取していたことが判明しました。禁酒は無理なのでハイボールダイエット始めました。モグヲです。

さくらがヒートっぽいかな?と思っていたら散歩中にやってる尿糖チェックで糖がでてまった
水がぶ飲みしてたしな…。
ヒート中はホルモンバランスが乱れて血糖値コントロールが難しくなるようです。

今週のはじめ病院で検査したら血糖値410でした。基準の3.5倍くらい。
こりゃまずいとインシュリン2単位から4単位に増量。
金曜日再検査したら全く下がっておらずで6単位に増量。経過観察中であります。

困った。本当に困った。
さくらは4月22日が誕生日だったのでたまには肉でも差し上げるか?と考えていましたがそんな不摂生させるわけにもいかず、せっかくのお誕生日のご馳走はすみれの誕生日までおあずけです

犬ウインク(アイドルのね)
2015-04-19 22.55.37.jpg

犬ウインクを反対側からもパシャリ
2015-04-19 22.55.12.jpg

モグさんが鼻にゴミを付けてなにかを訴えています。
目の下のはゴミじゃなくてイボ。
2015-04-25 00.59.43.jpg
posted by モグヲ at 12:26| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

さくら、インシュリンを減らす

こんばんは。今日も休肝日のモグヲです。

糖尿病でインシュリン治療中のさくらは今日血液検査の日で通院しました。
12月23日から5単位だった投与量を3単位に減らしたので2週間後の検診です。
2014-12-30 18.00.46.jpg

今日の空腹時血糖値が40であることが判明。犬の正常値は60から100。
インシュリン3単位でも多いのか!
と、いうことで2単位に減らすことになりました

フードをロイヤルカナンミディアムから同じくロイヤルカナン糖コントロールに変えているのと、体が元気になって活発に動けるようになったのが理由だと思われます。
家の中でも激しく走りまわっているくらいですから
それから自宅警備もするようになってます。(様子を見に行くふりをして吠えるだけだけど)

このままいけばフードと運動だけでインシュリンフリー生活に戻れるかもと淡い期待を抱くワタシなのであります。

posted by モグヲ at 22:39| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

さくら通院する2

こんばんは。犬の糖尿病だけでなく自分の肝臓も心配です。モグヲです。

今日はさくらのインシュリン量を減らしてから1週間経過したので血液検査に行って来ました。

結果はマル!問題なしです。

サンマルタン地区近くの病院にみんなで歩いていったので血糖値はちょっと低めでしたが夕方で空腹時血糖値だったしまあ大丈夫でしょうということでした。これで病院のお正月休みの時期も大丈夫そうです。
2014-12-23 16.23.08.jpg

それにしても元気になったさくらは素行が悪い。本当に悪い。
最初に病院にいったときは血液検査の結果を待っている間暇を持て余して外の物音に反応→ウーウー唸る。
今日は病院が混んでいて待合室で待っている間、他の患者さんをウガウガ威嚇。。。他の患者さんはあきれて外に出ていく始末…。本来ならさくら、あんたが出ていかなければならないんだよ…。
勘弁してくれ。せっかく見つけ出した病院を出禁にされたらどうするんだ、さくら。

それなのに採血のときはブルってるんですけどね、レッドデビルなのにビビリなんです。
なにはともあれ無事乗り切ることができていてよかったです。
タグ:犬の糖尿病
posted by モグヲ at 20:49| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

さくら正常だった

こんばんは。昨晩終電が終わった後タクシーを拾おうとしたのに全く拾えず、犬オヤジに迎えにきてもらって怒られました。12月の東京は終電で帰らなければダメなんだと学びました。モグヲです。

さて、先日さくらの血液検査の結果が異常だったのは検査機器の故障でした。と、いうわけで全体的に問題なしなのでした。病院を変えたら判明しました。
とはいっても糖尿病は間違いないでしょう、とのことでインシュリンは続けないとだめなんですけどね。でも血糖値はかなり下がっているので投与量を減らして様子をみることになりました。減らして5日目のところ異常なしです。
2014-12-16 14.34.47.jpg

先生が変わって再度、避妊手術をしたほうがいいか質問してみました。
さくらの場合高齢(10才)なので、いきなり女性ホルモンを排除すると今までの状態からバランスが崩れることがいいことなのかわからない。麻酔リスクも若い子に比べると高まるのであまりお勧めしないとのことでした。

インシュリン量を減らすには、前の先生のところでは入院して経過をみる必要があると言われましたが、今回の先生は飼い主が様子を見て異常があればすぐ通院すれば大丈夫とのこと。獣医さんによってかなりやり方が違うんだなあと感心しました。
また、前の先生は足から採血するので犬が痛がっていましたが、新しい先生は首から採血するのでさくらほぼノーストレス。
飼い主の疑問にも懇切丁寧に答えてくれて犬オヤジも安心したようでした。

こちらに引っ越してきてすでに3年半、動物病院探しをこれで終われればいいな、と思います。
タグ:犬の糖尿病
posted by モグヲ at 21:25| Comment(2) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

さくら血糖値が低下

こんにちは。仕事が落ち着いてきたのでせっせと有給消化中のモグヲです。先日パートナー企業の方にうちは有給全部消化が義務付けられてるんですという話をしたら嫉妬されました。

昨日犬オヤジがさくらを連れて血液検査に行ったところ、なんと血糖値が標準より下がっていました…。インシュリンの量をコントロールしたほうがいいのでは?と先生にいったところまた入院して量を見極めなければいけないといわれたとのこと。
かかりつけ医はご近所のほうがいいようです。ご近所だったら朝晩血液検査に連れていくことができますので。

犬オヤジからのクリスマスプレゼントのボールを独り占めするすみれ。例によって奥に見えるソファは猫のみなさんによって前衛芸術風に作り変えられています。誰か猫がつめとぎしないソファを紹介してください。公園のベンチくらいしかないのかな…。
2014-12-16 14.29.59.jpg

黄色いボールも独り占め。2個同時にくわえて喜んでいることもあります。お口が大きいと便利ですね。
奥に見えるのはホットカーペットを占拠する猫ら。
2014-12-16 14.30.08.jpg

血糖値の下がり過ぎが原因なのかおとなしめのさくら。
2014-12-16 14.34.47.jpg

犬オヤジが脱ぎ捨てたジャケットと私のお昼寝タオルケットにうずまって寝るモグ
2014-12-16 14.35.11.jpg

よーく見るとすみれ顔の毛がボーボーですね。
2014-12-16 14.35.53.jpg


http://cooklobin.wix.com/publicnotary-atsushi
タグ:犬の糖尿病
posted by モグヲ at 14:53| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

さくら、安定する

こんにちは。モグヲです。

犬オヤジの献身的な看護のおかげでさくらの体調は安定しています。
安定どころか元気いっぱいになって、一時はすみれに受け渡したリーダーの座を奪還することに成功。
よくその辺でウガー!!とすみれをこらしめています。
リーダーの座をフル活用して私に甘えるさくら
2014-11-23 16.58.18.jpg

初めて奪い取ったリーダーの座を奪い返されたすみれはちょっとイライラでして、意味もなく大きな声で吠えてみたり、今度はこっちが精神的に不安定なため不機嫌なのです…。
2014-11-23 16.56.51.jpg

犬オヤジの献身的な看護といいますが、仕事があるから常にごはんとインシュリン投与の時間に家にいられるとは限りません。そんな時はお気楽会社員の私が早めに帰宅(または一時帰宅)して活躍することになります。と、いうわけで練習のため昨夜さくらの注射に初挑戦しました。緊張が伝わるだろうな…と心配していたけどさくらがごはんを食べている間にちくっとしたら気にしていなかったので一安心。
最近の注射針は細くて、人間より痛点がが少ない犬にとってはほとんど痛みを感じなくて済んでいると思われます。子供の時注射ってすごーく痛かったけどね。。

ところで、予告どおり先々週は名古屋出張に行って名古屋メシをたくさんいただきました。到着した日のランチから矢場トンに連れて行ってもらって数年ぶりにトンカツ食べました。あんなに連日肉ばっか食べたのは何年ぶりだろう…。名古屋メシはなんでもビールに合う!

風来坊の手羽先は金山店でいただきました。一軒家の年季を感じるお店で店員さんのおばさんがゆるーい。「何人前?」くらいしか言わない。あのおばさん自体がゆるキャラといっても過言ではない。
しかも夜10時閉店で、10時になるとホイホイっと追い出されるという超強気営業スタイル。
手前が普通ので、奥が胡椒辛いの。
2014-11-06 20.45.27.jpg

では、手羽先でさよなら、さよなら。
http://cooklobin.wix.com/publicnotary-atsushi
タグ:犬の糖尿病
posted by モグヲ at 17:29| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

さくら、体調が安定する

タクシーを降りる時、右側のドアを開けようとしたら開かなかったので運転手さんに「右は開かないんですね」といったら「はい、逃げられないようになってるんです」といわれました。モグヲです。

さくらの糖尿病騒動の最中、モグが誕生日を迎え13才になりました。じいさんだからソファに上がるジャンプ力が弱まってきているのと、毛がだいぶ白くなってはいるもののその他は病気もせず(数年前にギックリ腰になっただけ)健康で親孝行な子なのです。あ、あと緑内障が進んでいる。
2014-10-29 23.56.19.jpg

モグの誕生日でもさくらが療養中なのでおいしいご馳走をあげることはできませんでした…ごめんね。
2014-10-29 23.54.05.jpg

さくらは犬オヤジの献身的な看病の甲斐あって順調に体重が増えてきています。
朝晩のインシュリン投与と糖尿病患者用のロイヤルカナン糖コントロールと食事から1時間半後の散歩が効いているようです。
ただ犬種特性なのかさくらの特性なのか趣味がケンカなので散歩中売られたケンカは必ず買う性格のため、要注意なのです。
どういうことか、というと…、想像ですけど、
興奮するとアドレナリンが放出されて、血糖値が一気にあがります。しかし、糖尿病の場合、その血糖はほとんどが筋肉や脳に消費されずにその後の散歩継続で尿糖として排出されてしまいます。そうすると、血糖値を下げる働きをする運動とインスリンの作用(特に速効・遅効・中間作用性の内、中間と遅効性の。ウチではノボリンNという中間型を投与しています。)が後から強く出すぎて、結果的に低血糖発作状態になるんじゃないかと思います。その場合、低血糖による脳へのダメージから守るための第一段階として再度アドレナリンを放出して息が荒くなったります。
ていう感じじゃないかな〜〜。実際、そんな感じで散歩から帰ってきてだいぶ経ってから突然ゼイゼイハァハァ言い始めましたから。
犬は毛だらけだから顔色が見えませんからね…。インスリンコントロールしてる犬に限らず、低血糖には注意しましょう。

さっき、犬オヤジとカルティエ・ラタン方面(笑)にある某大手スーパーに買い物に行きました。
この連休の買い物をしたのですが、月曜日は久しぶりにシチューにしようって決めたんですけど、犬オヤジが
でもまだ土曜なのにバゲット買ったら湿気っちゃうよね?なんて言うから、モグが月曜にバゲットだけ買って
きてくれたらいいのになぁ、なんて…。
ところで、犬がおつかいした場合の各犬の成果はこんなかんじだと想像します。
今回はフランスパンを買ってきてもらいましょう。
モグ:ちょっとくらい食べてもいいんでやすよ、あっしが買ったんですから、ていいながら、食いかけのパンを引きずってしまい泥だらけ。(足が短いから。)
さくら:店員さんにパンを渡された瞬間にパンをくわえて「おおおー!」と喜びの雄叫び。そして食べちゃう。
すみれ:パンを入れてもらったリュックサックを背負ったまま放浪。あちこちにパンをぶつけてボロボロにする。
犬にフランスパンを買ってきてもらうのは無理ということがわかりました。。。

http://cooklobin.wix.com/publicnotary-atsushi
posted by モグヲ at 17:02| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

さくら、退院する

こんにちは。さくらが今朝退院してきました。

昨晩お見舞いの電話をくださったすみれの同腹姉妹ニーノちゃんのママによると、この子たちのおじいちゃんが糖尿病だったそうです。やはり遺伝だったのか…。

退院後も低血糖を警戒する必要があり経過観察が必要ですが、今日は犬オヤジは仕事、幸い私が有給をとっていたので(有給全消化を義務付けられているとてもいい会社なのです)さくらの経過観察という大仕事を仰せつかっております。

病院ではよく休めなかったと思われぐったりするさくら。イビキをかいてお昼寝中
2014-10-21 12.39.17.jpg

いっぱいチックンされて大変だったけど、よくがんばりました
2014-10-21 12.34.00.jpg

詳細はそのうちアップしますが、1回5.5単位で正常値に近い数値で安定することがわかったそうです。
お昼の採血にいくとき、さくらだけ出かけると病院だと勘付かれてしまう恐れがあったのですみれも一緒に連れていきました。
さくらもウキウキ、すみれはさくらちゃんと一緒でもっとうれしそうでした!

このまま二人で仲良く過ごせる時間を少しでも多くとってあげられるといいな、と思います。

http://cooklobin.wix.com/publicnotary-atsushi
posted by モグヲ at 13:04| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

さくら、入院する。アイリッテュテリアオーナーさんにお願い

こんばんは。モグヲです。

今日からさくらが入院しています。理由は糖尿病が発覚しインシュリンの投与が必要になったので、投与量を確定するためです。

糖尿病が発覚した経過は、ここ2,3ヶ月で2.5キロも体重が減ってきたのですが、ごはんを増やしても体重が増えなかったため血液検査をしたら発覚しました。
夏の頃から心なしか元気もなかったのですがもう10才だし、歳のせいだろうと思っていたのです。背骨が触れるのは犬は普通ですが、肋骨が触れるくらい痩せてきているのでこの度病院に連れていきました。

今になって思うとさくらの糖尿病に気づいてあげられたであろう項目がたくさんあります。
@水のカブのみをしていた
A元々早食いで太っていた
B避妊手術をしていない

日本中のアイリッシュテリアのみなさんの多くはさくらと同じ血統だと思われます。メスは特に危険で発情期でホルモンバランスが乱れた時に発症しやすいそうです。早めに避妊手術をして、糖尿病やその他の病気を予防することをお勧めします。
すみれも近いうちに手術しないとな…。

血糖値が高くても避妊手術をするとほとんど寛解といえる状態になる子もいる、とのことなので症状が落ち着いたらさくらも避妊手術する予定です。

と、いうわけで2,3日はすみれとモグでお留守番します。
2014-10-19 18.42.05.jpg

http://cooklobin.wix.com/publicnotary-atsushi
タグ:犬の糖尿病
posted by モグヲ at 23:04| Comment(0) | 犬の糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://cooklobin.wix.com/publicnotary-atsushi