2016年07月27日

エアタヒチヌイに乗ったぞ!機内食編。

こんにちは。暑くなることを見越して有給を取ったのに予想が外れて涼しいです。モグヲです。

先月エアタヒチヌイでタヒチ旅行に行った記事の続きです。
エアタヒチヌイに乗ったぞ!搭乗からシート編

今日は機内食編です。フランス領の会社だからか規模が小さいからできるのかエアタヒチヌイの機内食はとっても凝っている印象で、某ヨーロッパ系大手航空会社の機内食の30倍はおいしいと思います。
比較対象↓サーモンのなんとかってこれがメインディッシュだった。これ?これですか?ってなった。いや、なるでしょ。これがビジネスのミールですぜ。
2016-05-08 15.36.05.jpg

エアタヒチヌイはすごいぜぇ。
ここからは行きのTN77便成田発パペーテ行きビジネスクラスのごはんです。

搭乗後のウェルカムドリンクはトロピカルなのもあるし、シャンペンもあります。
そして食前のお飲み物1杯めはもちろんタヒチの女王ヒナノビール。かわいいアミューズとスナック付き。
2016-06-27 17.25.14.jpg

ドリンクが一回りすると前菜がキターーーッ
2016-06-27 17.40.19.jpg

なんだ、この美しい前菜は。さっきの(前出の)鮭のメインディッシュよりも豪華ではないか!!
日本線はお箸もついてますよ。
2016-06-27 17.40.23.jpg

おかわり。
2016-06-27 17.40.33.jpg

ここまできてなんとメインディッシュを撮り忘れました…。

まだまだいきます。チーズ。もちろん赤ワインと共に。
2016-06-27 18.19.50.jpg

昔はヨーロッパ系の会社ってワゴンでチーズを持ってきて好みのを取り分けてくれたと記憶しているのですが、最近はみんなやめたの?強制的に全部食わせるスタイルに変えたの?栄養が偏るから?

ちなみにエアタヒチヌイではお味噌汁を配布してくれるんだが、これが毎回メインの前に来る。なぜ?と考えてみたら味噌汁っつーかスープの扱いなんですね。

降りる前の朝ごはん。和食にしてみた赤魚の煮付け。まあまあ。
IMG_2136.JPG

と、ここまで書いて気づいた。行きはこれしか撮ってない。

ここからTN78便パペーテ発成田行きのごはんです。
このフライト、朝7時出発なる恐ろしいスケジュールなんですがもう前夜から仮眠のみでチェックインし、ラウンジに直行。ラウンジの迎え酒。
2016-07-01 05.44.33.jpg

父は向いで朝からカップヌードル。相当日本の味が恋しかった模様。
2016-07-01 05.43.03.jpg

成田便だけのわりにラウンジやけに外人多いな、と思っていたらエールフランスのニューヨーク経由パリ行きの便があったようで、エアタヒチヌイとエールフランスが並んでるのをパシャリ。
2016-07-01 06.49.11.jpg

そしてこちらが帰りのTN78便のお食事メニューでございます。(7月ね)
2016-07-01 07.52.34.jpg

乗ってすぐ、朝ごはんの前菜。飲み食い以外やることないし朝シャンしましたww
2016-07-01 08.05.52.jpg

メニューにタヒチ産ローストポークってあるので是非いただきたかったのですが、なにせ朝だし別皿で配布してくるからみんなけっこう断っていたように見えた。前菜の皿に無理やり入れればいいのに。絶対においしいと思うんだけどなあ。朝だし早起きでみんな疲れてるからなあ。

こちら朝ごはんのサーモンなんとかクレープ。閑散としたかんじが物議を醸したあのおせちを彷彿をさせます。
味?ケチャップもらってドバーってかけて食ったよ。
2016-07-01 08.26.36.jpg

エアタヒチヌイともお別れとなる最後のお昼ごはん。
アミューズ。とってもおしゃれでおいしかった。
2016-07-01 15.44.28.jpg

前菜。味噌味噌。味噌づくしだけど味噌感はそんなになくてテリーヌとパイナップルがよく合っていいかんじでした。
2016-07-01 16.01.05.jpg

メイン。エビのソテー。何匹入ってるの??ってくらい大量。
タイココナッツソースは刺激が足りなかったけど、タヒチアンはきっと辛いものは食べないのね。そして機内には辛い調味料は一切搭載していないとのことなので、辛いもの好きの方はホテルでタバスコのミニ瓶をゲットしたほうがいいかもね。
2016-07-01 16.17.57.jpg

デザート盛り盛り。やばウマ。
2016-07-01 16.44.11.jpg

フォションのお茶。種類は選べます。
2016-07-01 16.44.21.jpg

そしてこの食事が終わる頃我々のタヒチ旅行は終わりに近づき、成田の税関の書類をシコシコ書き始めるのでありました。

タヒチ、いいよ。
青い海がいいです。そして人々がいいです。かなり。
11時間耐えて太平洋を渡る価値があります。
また行きたいなー。
posted by モグヲ at 14:18| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

エアタヒチヌイに乗ったぞ!搭乗からシート編

こんばんは。毎日暑くて飲まずにいられず飲み疲れのモグヲです。

先月両親のタヒチ旅行に通訳として同行したんですぜ。
(連れて行ってもらったとも言う)

海はキレイで、人々は優しくて、暖かくてとにかく地球上に楽園て本当にあるんだなー。って本当に思ったものであります。


タヒチへはエアタヒチヌイが成田から週に2便直行便を飛ばしています。機材はA340-300。ちょっと古めだけど内装はきれいにしてる機材もあり。カベとかトイレとか行きはキレイでした。

成田空港第2ビルのJALカウンターでチェックイン、カンタスラウンジのチケットをゲット。イミグレとかお買い物とかしてから昔ならおサルの電車が走っていた通路を動く歩道で通って搭乗ゲートのあるサテライトへ。そうそう、イミグレ(たぶん真ん中)の後の免税店には喫煙所付きの休憩所があり、うちの父親に買い物待ちしてもらうのに使えました。さすがJAL。考えていらっしゃる。

通路を渡りきって(途中から父親が疲れたもう歩けないとかブーブー言い出す始末だったけど、歩かせるとブーブーいうものなので気にしない)左に曲がるとカンタスラウンジの入り口に続く下りエスカレーターがあります。

時間が中途半端だから(午後4時ころ)この便しかないのか広いラウンジにお客さんはパラパラ以下。おかげでラウンジのスタッフの方がフライト少し遅れています(10分程度なのに!)とかいちいち教えてくれる親切さ。滞在時間30分しかなかったのにビールの後でフライト遅れてるっていうからオーストラリアが誇るスパークリングワインのシャンドンを呑んじゃったよ!!
おいしくいただきました。おつまみはインパクトなしでした。すみません。
2016-06-27 15.22.51.jpg

ゲートにいくとかわいいペイントの機体が見えてきました。
(写真は帰りにパペーテ空港で撮ったもの)
2016-07-01 06.48.29.jpg

さて、搭乗するとタヒチのお花ティアレのつぼみをいただきました。いい香りでまだ成田なのに気分は早速タヒチ。
2016-06-27 16.00.49.jpg

これがエアタヒチヌイのビジネスクラスシートだ!
2016-07-01 06.51.27.jpg

一昔前のシートです。
ハネムナーが多いから仕方ないけど隣との遮断性はなく、行きは隣が歯周病の香りのオジサンだったのでひどいめにあいました。
タヒチ行きで今流行りのジグザグシート(本当はなんて言うか知らん)にしたら見も蓋もないもんな。

アームレストの上にある黒いのはヘッドフォンですが機内のゴーって音が遮断されるやつではなく、機内エンターテイメントもイマイチだったので行きでちょっと使ってあとは自分のタブレットで普通のイヤホンで映画みておりました。
2016-07-01 06.51.04.jpg

モニターサイズは今どきサイズ。
この会社に限らず機内エンタテイメントいらないからタブレットの映画をモニタに接続して自分の持ち込み映画を見れるシステムにすればいいのにと思いますわ。あれ?そういえばモニタの横にUSBポートがあったけどあれは何だ?
2016-07-01 06.54.27.jpg

ちなみにこのシート、フルフラットではないものの普通に眠れる程度は倒れます。
2016-06-27 22.06.57.jpg

この写真ではわかりずらいかもしれませんが斜めだけどシート自体はある程度フラットなので(膝が曲がっているのはフルにしてないからだと思われる)、神経質な方でなければ普通に眠れると思います。とはいってもどこでも眠れるこんな私でも興奮して3時間くらいしか眠れなかったんですけどね。。。

では、次はエアタヒチヌイ ビジネスクラスミールをアップします。

エアタヒチヌイに乗ったぞ!機内食編。





posted by モグヲ at 23:19| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

バンコク・スワンナプーム空港は混んでいる

こんにちは。辛いもの食べ過ぎでここ数日お尻が痛いです。モグヲです。

2泊4日の強行スケジュールで、今朝バンコクから帰って来ました。1時間足つぼマッサージをした以外は仕事してたか飲んでたかでした。
まあ仕事だから仕方ないか…。
そしてあまりのバーツ高(円安ともいう)で何をしても以前の割安感がなく、スパとか行きたかったのですが日本とほとんど値段が変わらないという悲劇。日本人と中国人を除くほかの同僚は物価安をエンジョイしていました。(中国も元が安くて大変らしい)

とはいえ、ははは任せてくれ!とばかりに羽田で朝からスーパードライをいただき、
2015-03-31 09.04.52.jpg

機内ではシンハーをいただき(何本だったか忘れた)

到着してからは疲れていたのでホテルから出たくなかったけど、ビールを買いに命がけで道路を渡ってセブンイレブンまで歩き無事調達。
犬オヤジに到着の報告をしつつグリーンカレーをルームサービスでいただきましたよ。
因みにホテルはシーロムのプルマンGでした。
うちの会社にしてはキレイなホテルでしたよー。
2015-03-31 21.15.25.jpg

ホテルの部屋から見えた謎の建築物。
2015-04-01 12.40.13.jpg

建築中のリッツカールトンとの話でした。
タイは日本と違って資金調達よりも先に建設が始まるそうで、資金難になるとこうやって工事が止まることがよくあるらしい。それにしてもどうなのよ?このデコボコ。大丈夫?この造り方合ってるの?

無事仕事を終え、夜の羽田便で帰ろうとしたら大惨事が…。
何を隠そうバンコクのスワンナプーム空港発のフライトは夜出発が多くチェックインも、セキュリティも、出国審査も異常に混んでます。行列がトグロ巻いてます

エコノミークラスご利用の場合は出発2時間前にはカウンターに到着してないと大変なことなりかねないので気をつけましょう。(飛行機が待っててくれればいいけど、置いて行かれちゃったらもう帰れませんぜ。いっつもフライト混んでるし)
そして空港ターミナルがとても広くゲートが果てしなく遠いことも多々あります。足が痛いです。
あと都心部から空港は渋滞もあるのでそこも考慮することをお勧めします。都心から空港まで1時間くらいはみたほうがいいと思われます。

会社に4時間以上のフライトの場合はビジネスクラスOKという規則があって、いままではビジネスに乗せてもらっていました。昨今の業績不振というか設備投資額の増額のせいでなぜかアジア域内はビジネス禁止なるヘンな規則が言い渡され今回はエコノミーでの旅となりました行き6時間半、帰り5時間半。

タイ航空ではバンコクでのチェックインの際、ビジネスクラスの人は専用カウンターでゆったり椅子に座ってチェックイン、専用のセキュリティをすいすい通って足裏マッサージもしてくれるラウンジでゆっくりしてから搭乗できます。

これと比べてエコノミー客の扱いといったら、もうこの扱いの差、タイの貧富の格差の縮図ですよ。
芸能人格付けチェックでいったら普通芸能人とそっくりさんくらいの扱いの違い。。。

仕方ないのでゲートの前のレストランで最後の晩餐をいただき
2015-04-02 21.38.13.jpg

2015-04-02 21.35.08.jpg

無事帰国したのでしたー。

そういえば羽田の荷物引き取りのところで預けたらしい大型犬が
「このやろばかやろなんてことしてくれたんだよー!オレ、怖かったんだよ!」
と怒っていらっしゃいました…。そりゃ怖いよね。なんか知らないけど暗くてゴーってすごいうるさい所に閉じ込められるんだから。
posted by モグヲ at 15:52| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

旅漬けでした。とどめに上海。

UAE、ドイツ出張から帰って3日後今度は上海に行きました。上海って中国の上海です。マジかー。中国かー。
あれですよ、鳥インフルエンザとPM2.5で話題の国。

空港からタクシーに乗って街の中心部まで1時間ほど。空がどんよーりしていたので雨だと思っておりました。でもよく見るとタクシーのワイパーが動いてない!こここれは噂のPM2.5でドヨーリとしていたのです。勘弁してくれ。もう帰りたい。もう嫌。とテンションダダ下がりで着いた宿がうちの会社が用意したとは思えないほど立派な四つ星ホテル。ルネッサンスホテル上海豫園(マリオット系のようでマリオットの会員になったらWiFiタダで使わせてくれました)。ここで少し元気になる。
ホテルの近くにファミマがあったのでビールとおつまみを調達しました。一番搾りとジャガビー(辛い)!
2014-02-26 22.43.48.jpg

地元の同僚に案内してもらって夜テレビ塔?を見に行ったよ。ここは上海で一番いいところだと思われる。

昼間はそんなに遠くないのにこんなに霞んでおります。
2014-02-27 16.03.40.jpg

テレビ塔の向かいは統治時代の各国の建築物がずらーっと並んでいます。
2014-02-27 19.38.59.jpg

この後新天地なるオシャレスポットに行って飲みました。代官山みたいなかんじ?(ほとんど行ったことないけど)新天地は中国感が少なく外国人が多い。と、いうことですっかり新天地を気に入った我々一行は翌日も新天地で夕飯を食べましたよ。しかもドイツビールのパウラナーで。なんかすごーく優しい店員さんがいると思ったらフィリピンの方でした。中国式のドライなサービスを受け続けていた我々一行は感動、感動。


ところで上海はタクシーがひどかった(犬オヤジにいったら当たり前だと言われましたが…)。きちんとしたタクシーとそうではい白タクが混在していてよくわからないため、タクシーは最寄りのホテルから乗ったほうがいいと思われます。または事前に調べていくか、ですね。我々一行は流しのタクシーに乗ってひどいめに遭いました。とほほ。

よく考えてみたら2月の後半は家にいたのはたったの2日…。疲れたよ。安住の地があるというのは素晴らしいことですね。そして日本って最高


posted by モグヲ at 22:20| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

旅漬けでした。まずはUAE

2回くらい前の更新で誰かがコメントをくれていると喜んだら犬オヤジのコメントでした。しかも内容が「連絡ください」。。。

2月後半はすっと旅してました。UAE、ドイツ(帰りに経由でオーストリア)、中国
UAEと中国は仕事じゃなければ絶対に行かないでしょう。と、いうことで行かせていただけてよかったとしましょう。
今回はUAEについてアップします。

UAEへは今をときめくエミレーツ航空でいきました。先進国の人間が失ったバブル満開でした。さすがです。まず、窓枠とテレビモニターの周りが木目調…それ必要かな?ごはんはとてもおいしく、それからワインがヴィンテージすぎて庶民の口に合わない…。デキャンタージュすればおいしかったのかもしれませんがビジネスクラスくらいでデキャンタージュしないからななぁ。ビジネスクラス程度で寝るときシートにふとんを敷いてくれるというサービス!これは同僚のおじさんに大好評でした。それから女性用アメニティがブルガリ。ブルガリのポーチに入っていてそのポーチ自体がパーティーバッグとして使えそうな立派なものでした。
でも、私はひとつだけ怒っている。現在日本から出るエミレーツのフライトは深夜に日本を出発して早朝にドバイに到着するのですが、早朝気持よく寝ていたところ朝ごはんは食べるか?と何度も起こされました。頼むよ…。起こされたくないなら事前に朝食はいらないと伝えておくといいと思います。
いやはや、好き嫌いが分かれるところだと思います。

2014-02-17 07.50.44.jpg
UAEは普段気温40度以上の砂漠国家ですが、12月から2月までは涼しい時期とのことで気温23度で涼しい風が吹いていました。ハワイのような陽気
写真で遠くに見えるのはホテルの部屋から撮ったブルジュハリファ(世界一高いビル)です。夜になるとライトアップされてピカピカ光ってました。
ドバイではブルジュハリファの根本まで行った以外は仕事以外何もしていないのでよくわかりませんが、ドバイ事情をご紹介します。

1,街にいるのはほとんど出稼ぎのインド人や中央アジア系の人。地元の人はほとんどみかけません。セレブだから働いてないのか?アラブを感じられるのはテレビだけ。BBCにたどりつくまでチャンネルはずっとアラブ系のためみんな白い服を着て頭に輪っかをのっけている。ある意味圧巻。

2,ゆえにインド料理がうまい

3,旅行客はホテルのバーでしかお酒を買うことができない。
以前テレビで日本人の現地駐在員がスーパーの端の酒屋でお酒を買っているのを見たことがあって、外人なら買えると思っていましたがそういうわけではないようです。
現地でお酒を買うには政府が発行したリカーライセンスというものが必要、リカーライセンスは長期滞在する外国人に発給されるものらしい。と、いうわけで旅行者はドバイ空港の手荷物受け取りエリアにある免税店(ここにはお酒がある)で自分が飲む分だけお酒を買って入国する必要があります。ビールは世界のメジャーどころ、それ以外もいろいろ種類がありました。これ、かなり大事です。

ブルジュハリファ(英語でブルジュカリファっていってました)の真下。ここには世界最大のショッピングモールがあり、砂漠なのに噴水があるというもうよくわからないという事態…。
同僚のおじさんは砂漠の国では水は血よりも貴重!と思い込んでいたそうで日本から水を10リットルも持ってきていたというのに…(そのうちもらった2Lは水が高いドイツで消費させていただきました)。実際はそうでもなくホテルにはペットボトルの水があり、スーパーで売っている水も通常価格。それから水道水はたぶん飲めます。

2014-02-18 19.19.16.jpg

2014-02-18 19.33.16.jpg

では次回はビール大国ドイツ→ストに巻き込まれながら帰国の話を。
posted by モグヲ at 13:40| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://cooklobin.wix.com/publicnotary-atsushi