2016年04月09日

ペットショップで買うというリスク

犬オヤジはインフルエンザで寝込んでいます。私は全身をアルコール消毒中です。

最近facebookで動物に関する情報が畜産なども含めてドシドシ入ってくるわけですが、酷い話ばかりで人間辞めたくなります。
その中でも昨晩見たパピーミルから救出されたブルドックの記事は本当に辛かった。
泣いた。↓
http://spotlight-media.jp/article/264660579205509519

いつまでペットショップ続けるんでしょうね。
世間がペットショップの存在を肯定する理由とペットショップが存在する意義を教えてほしい。

うちもさくらとすみれはペットショップで買いました。
モグは先輩の家から里子にきました。

その時の出会いを否定するつもりはありません。
しかし無知で軽率だったと反省しています。

もうペットショップでは買わない。
生体販売しているペットショップでは何も買わない。
悪魔の金儲け集団は一刻も早くなくなってほしい。

さくらとすみれはペットショップで買ったからこそ糖尿病という遺伝病を知ることができなかったんです。これがブリーダーさんから直接買っていれば遺伝病を教えたから不妊手術をするという選択もできたし、それで発症を遅らせることができたかもしれない。

特に純血種の場合は近親交配することが多いので遺伝病がでやすいみたいです。
MIXなら親の病気が遺伝する確率は高くても1/2になりますね。

毎日のインシュリン注射に加えて、定期的に通院して血液検査が必要。
2016-03-20 15.10.51.jpg

犬と暮らすのは本当に幸せです。大変だけど楽しいことがいっぱいあります。
だからこそ、大切な家族は鬼畜でないルートでみつけてほしいんです。
できれば里親になってほしい。
純血種を仔犬から育てたい方は遠方になってでも正当なブリーダーさんに足を運んでほしいと思います。
posted by モグヲ at 18:30| Comment(0) | 動物に優しくね♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
http://cooklobin.wix.com/publicnotary-atsushi