2011年06月30日

どうぶつをいじめるな!!

最初から人間で飛ばせばいいじゃーん。と思ったのは私だけでしょうか?なんでサルにものすごい恐怖心を与えて殺すのか理解できない。

理解しようと思うのが間違っているのかもしれない。
けどこんな実験ソ連が何十年も前にライカ犬でやっていて、その後も野蛮な人間が何度もやっているからもうやらなくていいのに。どんなに怖かったかとか、苦しかったかとか、考えると胸が締め付けられます。
この子を行かせないためにできることはないのか?


ところで、夏場の動物輸送は難しいですね。いつも犬と一緒の我々も夏は車中が超高温になるので、出かけるとき犬はお留守番してもらいます。
車も飛行機もそれは同じです。特に犬は暑さに弱く、貨物室内で温度調節をしているとはいっても着いた時点で死んでいるケースもあります。
真っ暗で爆音がする貨物室内で、どんな恐怖を感じて、苦しんで死んだかと思うとこちらも胸が締め付けられます。

犬オヤジブログを読んでくださっているみなさま、どうか夏場に動物を飛行機の貨物室に預けることは避けてください。
制限はありますが航空会社によっては(日本の会社はダメですが)客室にペットを持ち込めます。貨物室に預けるのであればせめて冬に移動させたほうが安全だと思いますのでお知りおきくださいませ。
posted by モグヲ at 23:21| Comment(0) | 動物に優しくね♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

干潟にもどってきた生物たち〜希望の光〜

 こんばんは、犬オヤジです。あるニュースをみてインスパイアされたので、アップします。

 仙台の蒲生干潟に生物たちがもどってきた、という毎日新聞の記事を見ました。
 震災以来、google mapで自分の好きな場所を写真でチェックするという密かな楽しみを控えていたのですが、福島第一原発から石巻までの海岸線をチェックしてみました。今日気がついたのですが、東北地方の写真は、震災後の写真に差し替えられており、水の色からして震災後だいぶたった後のもののようですが、至る所が水没しており、その水没のなかに道路が幾重にも走っていたりして、いまだに大きな爪痕が残っています。なかでも、宮城県山元町、閖上、東松島、石巻などはまったくの荒野が広がっています。人間たちの世界は、復興はまだまだ、むしろ復旧すら終わっていないのですね。いまさらながら震災の大きさにただただ驚きます。
 
 ところで、

 干潟というのは、前浜のことで、満潮時には水没するが、干潮時には浜として出現する砂や泥の堆積地のことをいいます。みなさんも、一度は潮干狩りなどで訪れたことがあるとおもいます。この干潟には一般に、お馴染みのアサリやマテガイ、ホッキ貝などの貝類、コメツキガニ、アシハラガニ、ヤマトオサガニなどのカニ類やシャコ、エビ類、ゴカイやイソメなどが大量に生息していて、前浜に川から運ばれてくる有機物などを砂とともに食べては、砂だけを吐き出し、海の浄化に非常に貢献しています。それを食べにアカエイやスズキ、キス、マゴチ、カレイ、コノシロ、ボラ、トウゴロウイワシなど、数えればきりがないくらいの多種多様な生物の生息地となっていて、豊かな海の代表格ともいえます。
 みなさんも、一度、満潮時の潮干狩り場に来てどれだけの生物がいて、いかに水の透明度が高いか、見てみてください。ゆたかな海を感じてください。関東の人たちは三番瀬や盤洲干潟に行くといいでしょうね。
蒲生2.jpeg蒲生干潟、満潮時

 前置きがながくなりましたが、一見荒野に見える被災地の小さな干潟である蒲生干潟にたくさんの生物が戻ってきているというニュースです。
 この小さな干潟は仙台新港近くの七北田川の河口に広がっています。したがって、津波の影響をまともに受けて、震災直後は生物の痕跡すらなかったそうです。事実google mapで確認すると海岸線はひどい状態ですが…
 いまでは、コメツキガニなどの希少なカニも戻ってきたというのです。

 自然の偉大な力を感じませんか?
 あれだけの被害を受けても自然は、自然のままにすぐに再生をし始める。

 それに対して、自然を壊して創ってきた人間の世界のなんと脆弱なことか…。

 ですから、人は人と集まって助け合いながら生きていくしかないんです。
 そこで、みなさんにお願いがあるんです。もしもこの夏、旅行に行こうと思っている方が居られましたら、ぜひ、東北地方に行っていただきたいんです。みなさんの目で被災地の悲惨さを確認して、これはひどいなと思う人は東北地方にたくさんのお金を落としてほしいのです。
 なにもボランティアだけがサポートではないんです。
 東北でお金を使ってくることが、地元を潤すんです。
 
 よろしくお願いします。
 がんばっぺ、東北。がんばっぺ、日本。


 
 

 
posted by モグヲ at 01:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

ろくさん、一周忌

久しぶりにワシです。
今日でワシが旅立ってから1年になります。

一昨日、ワシのウバの家のぴょんちゃんがこちらに来ることになったと聞きました。ワシと命日が近いんやな…。こっちは苦しいことないから安心してや。

201006064.JPG

3月に大きな地震があったな。
あの地震でワシちょっとこぼれてしまったんや。災害はコワイな。

ワシもみんなと一緒にトーキョーいうところに引っ越してきました。
201106223.JPG

このデブもすぐ慣れたみたいでええな。
201106221.JPG

デブの姉弟のこのコも慣れたみたいや。
201106211.JPG

じゃ、みんなまたなー。
タグ:
posted by モグヲ at 21:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

ぴょんちゃん、天に召される

ろくさんが大変お世話になったウバロクサンヌさんの家のぴょんちゃんが昨日永眠しました。12歳でした。
http://ameblo.jp/lifewithcat/

ぴょんちゃんは数年前から腎臓に持病があり、先週の金曜日にウバが仕事から帰宅するとかなり重篤な状態でした。
我慢強い子だったからきっと苦しいのをがまんしていたのではないかと思います。飼い主さん思いのとってもいいこです。

ぴょんちゃんはウバにとって初めての猫だったそうで、まさに我が子でした。ぴょんちゃん自身もウバが大好きで二人はまさに相思相愛でした。

ぴょんちゃんもうちのろくさんも白黒のおかめ猫だったのでウバの家に伺ったときにぴょんちゃんが直々にご挨拶にきてくれて、「このふたりはそっくりで他人とは思えないですね〜」といった2年前の夏を思い出しました。あのときはふたりとも元気だったのにな。

ぴょんちゃん
o0360048011275382775.jpg

体調の悪い子にとって、初夏は辛い季節なんでしょうか。
ぴょんちゃんも、ろくさんも、実家で初めて飼った犬のうめ吉も初夏に逝去しました。

みんな、私たちにたくさん幸せをくれました。ありがとう。
虹の橋でみんなで幸せに暮らしてね。また会おうね。

ぴょんちゃんのご冥福をお祈り致します。
posted by モグヲ at 21:30| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

2011年06月19日

犬ら、芝浦中央公園デビューする

今日は雨が降っていなかったので、芝浦中央公園ドッグランにいってきました。
2011061919.JPG

ここは芝生でもウッドチップでもなくただの土のドッグランです。人間はサンダルではなく靴でいくほうが賢明でしょう。
普通のドッグランと、小型犬用とふたつあり、誰でも自由に利用できるようです。

すーちゃんのお尻からヘンなエキスがでていたのか、プードルくんにモテました。ヒートは終わってるんですがたらーっ(汗)
201106194.JPG

犬には厳しいさくらさん。
今日も他の犬と仲良くできませんでした。。。ラブの人にいきなり吠えかかることも…。気性荒すぎです。
2011061911.JPG

モグはひととおり歩き回るとあとは私にベッタリ。
前から勘づいてはいましたが、もしかしてうちの犬らってドッグラン来てもあんまり楽しくないんじゃあ…。
2011061917.JPG

この人は社会性があるので、それなりに楽しんだようです。
2011061918.JPG

芝浦中央公園ドッグランは3年間期間限定のトライアルで運営していたそうですが、好評につき?トライアル期間を延長しているようです。
開園時間は こちら http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/koenyuen/koen/sibaurakonan/tyuo/index.html
港区にこの先の存続をみんなでお願いしたほうがいいですね。

ところで、この公園は地図でみるとわかりやすい場所にありますが、入り口がわかりにくいです。旧海岸通沿いに入り口があるものだと思っていたら、そんな便利なところに入り口はない!

北側入り口と南側入り口の2ヶ所があります。
北側は関電工ビルを南下したところの橋、南側はドコモ品川ビルの前です。


南側入り口
2011061920.JPG

我が家の新ソファーは明日きます。ですのでいまのところ家にいても落ち着く場所がないので、お茶して(犬らはお水をもらって、私はもちろんビール。ふふ。)帰りました。
2011061926.JPG
posted by モグヲ at 17:31| Comment(0) | アイリッシュテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

犬オヤジ家、引越しをする


犬オヤジ家ご一行様は今週、犬オヤジの出身地佐倉から都下サンマルタン地区に引っ越してきました。
引越しはアリさんマークに頼んだんですが、平日だったからかな?予算の6割くらいのお値段で丁寧に素早く仕事をしてくれて感動しました。引越し屋さんってすごいですね。

image/2011-06-14T22:23:13-1.JPGサンマルタン地区を散歩する犬オヤジと犬ら。

新居に猫がなかなか慣れてくれなかったらどうしよう…と心配していたのですが、猫は初日から家の中を探検してそれぞれのお気に入りの場所をしっかり確保していました。
ロクタワーもふわふわロクハウスも持っていったので、ちゃんと活用してくれています。リリーはかなり奥にいるため撮影できず。でも一緒に引っ越してきましたよ黒ハート

201106181.JPG

201106182.JPG

それより困ったのが犬ら…。
犬らはまだ旅行気分らしく引越しだということを理解できていないようです。
しかも人間も犬らも起きている時間の95%をそこで過ごすといっても過言ではないくらい重宝していた赤い巨大ソファーが巨大すぎて新居玄関の角を曲がれず、新居への搬入を断念もうやだ〜(悲しい顔) 嫁入り道具に買った大切なソファーなので実家に送りました。。。今頃実家で父のお昼寝ソファーとして活躍しているはずです。
そんなわけで我が家感がでないのかもしれません。
仕方ないので新しいソファーをお値段以上ニトリで買いました。ああ、痛い出費。

コレ↓
20110209.JPG


犬オヤジマンションの宣伝ダッシュ(走り出すさま)
京成うすい駅徒歩5分、眺め最高!ペット可とは書いてないけど犬3匹+猫3匹飼っても平気な3LDKの犬オヤジマンションは今月中にキレイにリフォームして来月から売りに出します。赤字覚悟のお値段です。実際赤字です(今どき当然か)。興味のある方は東急リバブル臼井店にお問い合わせください。
posted by モグヲ at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

犬ら、谷中に行く

週末、いつもお世話になっているウバロクサンヌさんが陶芸家のダンナさまの作品といっしょに、猫のフェルト人形をギャラリーに出品されるとのことで、谷中にでかけました。

image/2011-06-05T22:31:53-1.JPGウバロクサンヌさんのダンナさまの作品の食器でウバロクサンヌさんのお姉さん作のお菓子をいただきました。
芸術一家なのです。

そして肝心なウバの作品はこちら。こんなかわいいお人形を自分の猫の毛で作ったりもしてるんですよ猫
http://ameblo.jp/lifewithcat/entry-10912492316.html

犬らは会場のギャラリーの外でお留守番してもらいました。
そしたらさすが猫の街。動物を愛する人たちが犬らに集まってきていつのまにか撮影会に…。
image/2011-06-05T22:31:53-2.JPG

お土産にこんなかわいいオリジナルチョコをもらっちゃいました〜黒ハート
choco1.JPG

今回は別の用事があって谷中の街を見ずに来てしまいましたが、またいきたいな〜。
タグ:谷中
posted by モグヲ at 21:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

至福のモグ

モグはおやっさんが大好きで、仙台にいるときはいつもおやっさんにベッタリです。
でもおやっさんはモグが想うほどモグのことをおもっていないので、最近はソファーからおとされたりしますショッキング

image-20110603215953.png
posted by モグヲ at 22:02| Comment(0) | ダックスフント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://cooklobin.wix.com/publicnotary-atsushi